ラクトフェリンと乳酸菌の違い大百科

ラクトフェリンと乳酸菌の違いとは!?

ラクトフェリンと乳酸菌の違いと加熱について

ラクトフェリンと乳酸菌は、基本的な働きや性質が似ている部分が多いです。しかし両方には、大きな違いがあります。乳酸菌は細菌の一種であり、ラクトフェリンはタンパク質であることです。性質は異なるものの、人の体内においては、健康促進に作用したり、プラスの影響を与えるものでもあります。

乳酸をつくり体内で健康にも良い働きをするのが、乳酸菌になります。そういった細菌の総称です。腸内においては、ビフィズス菌などのサポートとして活躍します。ビフィズス菌などの腸内にとって良い菌が、生存しやすい環境をつくるために役立ちます。

人間の母乳や牛乳に含まれているタンパク質の成分が、ラクトフェリンになります。生まれて間もない赤ちゃんというのは、抵抗力がありません。ですから、ミルクを飲んで、含まれるラクトフェリンによって抵抗力をつけていきます。出産をしてすぐの初乳には、豊富に含まれているものです。

ラクトフェリンは、体内の鉄分を吸収しやすくなります。生理不順の悩みとか、骨粗鬆症にも効果が期待できます。免疫力を購入させるので、感染病やガンなどを予防するためにも、効果を発揮してくれます。

弱点として、加熱に弱いというのがあります。ですからサプリメントや、ヨーグルトなど、市販されているものは、成分を壊さないような工夫がされていることになります。牛乳などからも摂取できますが、できるだけ新鮮なモノを選ぶようにすることも必要です。ラクトフェリン口コミ

Comments Off on ラクトフェリンと乳酸菌の違いと加熱について